タバタプロトコル

パーソナルトレーニング

タバタプロトコル

立命館大学スポーツ健康科学部の田畑泉教授が科学的メカニズムを証明したインターバルトレーニングです。いろんな運動の組み合わせで4分間でほぼ終わります。種目は工夫次第で何をやってもいいと思います。短時間で効果的な有酸素運動ができます。短時間で追い込むため、非常にきついトレーニングになります。

4分間の短時間で済みます。

タバタトレーニングでは、20秒の運動と10秒の休息をワンセットとして8セットで疲れきるまで運動を行います。8セット= 4分間です。

バービージャンプをひたすら20秒× 8セット

今回は、バービージャンプをひたすら20秒× 8セットでインターバル10秒でやり続けました。

終わった後吐きそうになりました。(笑)これが非常にきついのです。

タバタトレーニングのポイント

1持久力を高める。

2どんな動きでもいいです

3ウォームアップは念入りに行います

4高血圧の方、関節に異常がある方は医師に相談をしてから始めてください。

このようなポイントを踏まえて行いましょう。

タバタプロトコル 53歳のトレーナー

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました