バク転は簡単!

子供の身体能力向上

理学療法士が教える運動シリーズ

バク転練習。

布団かマットの上で練習。

トランポリンなどで逆さ感覚を入れてあげることは非常に有効!

出来れば正しい感覚を介助でたくさん入れてあげれば数時間で何とか形ができる。

子供は筋力が弱いので筋力に依存しない

こ二点が非常によいポイントだと考える。

膝と股関節の角度とけるタイミングを教え、何度か介助で感覚を入力する。

関節(肩関節、脊柱の関節)の柔軟性の高い子供であればすぐにできるようになる。

しっかり、ゴールデンエイジに刺激を入れてあげたいものだ。

子供の運動機能はすぐに向上できる。

PTが運動学的にバク転 を教えると

 

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました